恵比寿 サロン・ド・メリッサ
 メニュー多数 エステティックサロン
 医療提携ヘルスサポート

03-5720-7332

営業時間 11時~20時(月・祝日を除く)
11時~18時(月・祝日)定休日:毎水曜日

初回予約はこちら お問合せはこちら WEB予約はこちら サロン・ド・メリッサインスタグラム Melissa
03-5720-7332(ご予約)

紫外線対策の落とし穴

sunprotection

紫外線対策の落とし穴……あなたは知っていますか?

  • 「SPF値の高いUVクリームをしっかり塗っていたのにシミが出来てしまった!」
  • 「日焼け止めを塗り時間が経つと、乾燥して小ジワがいつも以上に目立ってしまう!」
  • 「日焼け止めを使うと、肌がザラザラして荒れてしまうことがある」
  • 「夏は朝に塗ったUVクリームが、汗で殆どとれているようで効果が心配!」

落とし穴 その1

曇り空や屋内での紫外線予防は?

地上に届く紫外線の95%以上のUV-Aは、季節問わず1年中降り注ぎ、シワやタルミ等の原因にも!

冬場や曇り空の日にUVクリームをつけ忘れてしまう方は、日常紫外線量の積み重ねでシミやシワを増やすことにも!!

日当たりの良い室内の窓も簡単に通過しますので、室内で過ごす時間が多い方は、PA値を見逃さず、お肌負担の少ない日焼け止めを一年通して使用することをお勧めします!

UV-Bは、シミやそばかす等の原因となり、強い紫外線に長時間当たるような環境下では、軽度の火傷状態にもなり得ます。

春から夏に屋外で過ごす時間が長い方は、SPF 値は高めのもので、汗で流れたら塗り足すなど、こまめなケアが必要です。

落とし穴 その2

SPF値の高さに頼っていませんか?

SPF値は、UVB波からの肌への影響を何時間遅らせられるか!という、あくまでも”時間の目安”です。

SPF値が高いほど紫外線カット率が高い訳ではありません!数値に惑わされることなく、生活シーンや肌質に合わせたアイテム選びが大切です。

SPF値の高さばかりではなくPAの+の数は逃さず確認してください。

しかし、幾らSPFやPA値が高いものを使用しても、元々あるシミや傷部位、シミレーザー照射部位の皮膚は、メラニンが増し色素沈着を起こしやすいですので、局所的な重ね塗りも必要です。

日当たりのよい室内で過ごす時間が長い方は、UV加工のカーテンにされるなど、物理的なフォローもお奨めです。

真夏の紫外線対策は、UV化粧品だけに頼るのではなく、日傘や帽子での追加保護を!

落とし穴 その3

製品の特性と注意点!

現在流通している人気のUV製品は、白浮せず滑らかな使用感の製品が主流ですが、処方特性としては、数種類もの紫外線紫外線吸収剤をシリコーンを組み合わせ、

更に酸化チタンなどの紫外線散乱剤をミックスした処方がほとんどです。

しかし、紫外線吸収剤配合の場合、紫外線を吸収した化学反応によって熱を放出させて肌を守るため、必要以上の塗り足しや長時間の使用はNGです!

更に、コロナ禍でのマスク生活により、マスクでフタをされた皮膚は、熱の逃げ場がなくなることが新たな注意点です。

特に敏感肌の方は、ケミカルフリー且つシリコンフリーにされたり、長時間の使用にならないよう、早めにオフするようにしましょう。

また、いくらケミカルフリーの製品であっても、そして、ウォータープルーフではなくても、通常の石鹸やクレンジングでは綺麗に落としきれない製品が多く流通しています。

製品の特性をよく確認の上、必要があれば専用クレンジングで丁寧に落としてください。UV製品の基材を肌に残したままでは、シワの増加や皮膚トラブルの原因につながります。

※各画像をクリックすると拡大されます。

落とし穴 その4

日焼け止めはとにかく厚塗りが必要?!

必要以上に厚く塗り重ねることは、大変な肌トラブルに繋がる可能性があります。お肌を守りたいがための日焼け止めも、過剰な塗布で肌疲労を蓄積させては本末転倒。たっぷりと塗った日焼け止めを落とす時のお肌負担も、軽視できません。

多くみられるのは、UV製品を落とす工程で肌に負担をかけていたり、落としきれずに皮膚を敏感にしてしまっているトラブル報告です。

特に紫外線吸収剤入りのでは、紫外線を吸収し終えた成分が変性し肌表面に熱を残したりする可能性もありますので、敏感・乾燥肌の方は特に製品選びを慎重に! 顔面への適量はあくまでも、製品の特性に合わせることが大切です。

ちなみにメリッサボーテのUVケアミルクは、紫外線吸収剤もシリコーンも未配合のため、夏の多汗に勝てず落ちてしまうことも想定されます。強い日差しの中や長時間屋外にいる際、もしも落ちているようでしたら、途中でしっかりと塗り足してください。たっぷり目に塗り足して頂いても、時間経過による変性面からもお肌には安心な処方です。

シミができるメカニズム

画像クリックで拡大いただけます



◇ 活性酸素がメラノサイト因子を活性→チロシン(アミノ酸)→チロジナーゼ(酵素) がメラニンを生成→メラニン色素が表皮へ移動→黒化メラニンが肌表面に沈着(シミ・そばかす・肌色黒化)
◇ シミ・そばかすを防ぐには、シミのもととなるチロジナーゼ活性を抑制したり阻害することが大切なポイントなのです!
◇ プラセンタエキスには、様々な研究結果からも、このチロジナーゼ活性を抑制することが認められています。

お肌への負担を軽減したこだわりの処方

敏感で乾燥しやすいお肌も頼もしく守り抜くノンシリコーン・ノンケミカルの新処方

  • 刺激に弱く敏感と感じる
  • 乾燥しやすいので潤い感をキープしたい
  • 張りと艶がないと感じる
  • 年間を通して使いたい
UVケアミルク

Melissa Beauté

UVケアミルク (SPF43 PA+++)

35ml ¥3,630(税込)

アロエベラ葉エキスなどの15種の植物エキスとアスパラギン酸などの13種のアミノ酸、天然植物油などの配合により、艶やかな潤い肌をキープしながら、お肌をしっかり守り抜きます。刺激に敏感なお肌や、乾燥肌の方にも1年を通じてお使いいただける新処方です。

フリー成分

鉱物油
紫外線
吸収剤
合成
ポリマー
石油系
界面活性剤
シリコーン
合成香料
着色剤
パラベン

配合エキス類

スキンケア力をUPする天然植物

アーチチョーク

セイヨウノコギリソウ

ビルベリー

セージ

アロエベラ葉

ローズマリー

アルガンツリー

ホホバ種子油

シア脂


スイゼンジノリ多糖体 / 水溶性プロテオグリカン / マグワネ皮エキス / ヒアルロン酸 / テンニンカ果実エキス / プラセンタエキスなど

張りのある健やか肌へ導く14種のアミノ

アルギニン、アスパラギン酸、プロリン、グリシン、アラニン、セリン、バリン、トレオニン、イソロイシン、ヒスチジン、フェニルアラニン、 グルタミン酸など

スクワラン脂 / ヤシ油 / オリーブ果実油