期間限定キャンペーン
ONLINE SHOPPING エステサロンの経験をもとに誕生した『メリッサボーテ』様々なお肌質でモニターテストを行った、こだわりのクレンジングシリーズをご紹介!
最新エンダモロジー『インテグラル』過剰脂肪やリフトアップに
INDIBA “深層加温”のインディバで健やかに美しく
O2リセル シワや乾燥を即効的に解消する画期的ケア
クレンジングマッサージが大切な理由
サロン秘伝オーガニックブレンド
小じわ対策・エイジングマスク
保湿特集
UVマスク
スタッフブログ
メディカル会員様専用
リクルート
アドバイス

Question

肌の乾燥が悪化しています。特に1日中オフィスにいる日は目の周りや口の周りがとても乾燥します。改善方法はありませんか?

Answer 

乾燥肌の方は、オイルを摺り込んだり、保水化粧水を塗っても潤いが持続しないことも多いはずです。日ごろの管理に原因が潜んでいることもありますので、 次のポイントを確認してみてください。

CHECK POINT

◎フォーム洗顔や過剰なクレンジングをしていませんか?

石鹸は勿論、オイルクレンジングであっても界面活性剤の洗浄力次第では、必要な皮脂膜まで剥ぎとり無防備に外界の刺激にさらしていることになります。クレンジング過剰での皮脂の取りすぎは厳禁!朝はお水で洗い流すだけで十分です!!

◎洗い上がりがしっとり~な洗顔やクレンジング剤の問題点...知っていますか?

乾燥肌向けのクレンジング類の中には、界面活性剤の張力で皮膚表面に膜を張らせるように洗い上げるタイプや、基材の油膜を残すようにして乾燥肌向けに作られているクレンジングもありますが、洗い流した後に何らかの基材が皮膚表面に膜として残ったままでは、次に用いる保湿化粧水や美容液の有効成分の浸透が妨げられたり、皮膚が不活性な状態となる可能性もありますので、油膜や基剤が残るタイプの連用は避けましょう。

◎皮膚表面でいつまでもヌルヌルしている化粧水を使っていませんか?

水のようにサラっと揮発しても、逆にヌルヌルが強くても角質層の奥を潤すことはできません。化粧水は浸透性の高さを実感できるテクスチャーが望ましいです。

◎保水化粧水をたっぷり塗ったからと油断していませんか?

強乾燥肌の方は、いくら浸透力の高い化粧水を使用しても物足りないはずです!
水分だけでは時間や熱により気化し蒸発しますので、化粧水の後には、良質な油分配合のクリーム類でお肌に蓋をして水分を封じ込める必要があります!乾燥を感じにくい夏に油断していると秋口から一気にお肌老化が加速します!!

モイストケアローション | リッチペアエマルジョン | リッチモイストクリーム

◎美白やリンクルケアに惹かれ、少々の刺激を無視して使い続けていませんか?

皮膚のターンオーバーを良くするための成分に、使い方を間違えると皮膚を薄くしたり刺激を与える成分もありますので要注意です!

◎大人ニキビ・吹き出物ができるからと、保湿ケアを怠っていませんか?

十分な水分と適度な油分が保持されてこそ、肌には抗菌力も抵抗力も維持できます。吹き出物がきになるからと保水ケアが不十分では、皮膚の代謝が落ち、吹き出物を繰り返したり、ニキビ跡がいつまでも残りやすくなります。

◎栄養は充分に取れていますか?

お肌を構成する ための主成分は、なんと言ってもタンパク質です。日ごろから、ご飯やパン類などで、お腹を満たしてしまうことが多い方や、外食が多い方は、充分量のタンパク質は摂りにくいのです。タンパク不足の状態では、弾力のあるプルプルのお肌は得られません。また、もう一つ乾燥肌に必要な栄養素といえば、ビタミンA(カロチン)です。新しい皮膚の再生を促したり、粘膜を強化する働きがあります。ビタミンAが不足すると、皮膚が乾燥するだけでなく、目の疲れや、目の渇きが進行することもあります。肌に弾力がなく眼精疲労や目の乾燥感が起こりがちな方は、ビタミンAやタンパク質の補給を心がけましょう。  ☆プロテイン、βカロチン(ビタミンA)

【ビタミンAの多い食品】
うなぎ、卵黄、レバー、魚卵、にんじん、カボチャ、小松菜、春菊、干しのり

【タンパク質の多い食品】
魚介類、肉類、全卵、チーズ、豆類、きな粉